第59回 日本消化器がん検診学会総会

第59回日本消化器がん検診学会総会
Web開催のお知らせ

謹啓 皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

さて、本会は、現地開催を予定して準備を進めて参りましたが、昨今の新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、やむを得ず下記の通り開催形態を変更する事と致しました。

当日会場でご発表頂く予定だったプログラムは、全てWEB会議システムを用いたリアルタイムでの「オンライン発表」と致します。

※一般演題は予定通り「誌上発表」と致します。

関係各位におかれましては、急な変更となり大変ご迷惑をおかけ致しますが、詳細が決まり次第、順次ご案内して参ります。

このような状況ではございますが、皆様にとりまして有意義な学会となりますよう、事務局一同、鋭意準備を進めて参りますので、何卒、ご理解・ご協力を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

謹白

第59回日本消化器がん検診学会総会 会長 松浦隆志

日本消化器がん検診学会 理事長 渋谷大助

オンライン学術集会の概要

  • 会期:2020年9月30日(水)・10月1日(木)※変更ありません。
  • 会場:オンライン会場(WEB上の会場)
    59回総会ホームページに、会場への入口を準備致します。
    オンライン会場へログインするためのPASSは、
    「事前参加登録」を完了された方にメールでお知らせ致します。
  • 閲覧権限:オンライン総会への参加には「事前参加登録」が必要です。
  • オンライン発表でのWEB会議システム:ZOOM
  • オンデマンド配信:オンライン発表を行ったセッションは、後日オンデマンド配信致します。(会期後~終了時期(検討中))

オンライン発表となるセッション

理事長講演、会長講演、特別講演、教育講演、シンポジウム、パネルディスカッション、ワークショップ、超音波フォーラム、放射線フォーラム、平成29年度消化器がん検診全国集計委員会、倫理指針に関する講演会、共催セミナー

誌上発表となるセッション

一般演題(口演)

※日本消化器がん検診学会オンラインジャーナル(学会誌)への掲載をもって発表とみなします。

業績の扱いについて

区分 オンライン発表 誌上発表
司会・座長 当日のオンライン学会での司会・座長をもって業績として認められます。 当日のオンライン学会への参加またはオンデマンド配信の視聴をもって業績として認められます。 ※会期当日のお役目はございません。 ※事前参加登録が必要です。
演   者 当日のオンライン学会での発表をもって業績として認められます。
(当日どうしてもオンライン発表が出来ない場合は、8月19日(水)までに運営事務局へご相談ください。
※事前参加登録が必要です。
抄録集(オンラインジャーナル)に抄録が掲載され、当日のオンライン学会への参加またはオンデマンド配信の視聴をもって業績として認められます。
※会期当日の発表はございません。
※事前参加登録が必要です。
参   加 当日のオンライン学会への参加またはオンデマンド配信の視聴をもって業績として認められます。
※事前参加登録が必要です。