第59回 日本消化器がん検診学会総会

放射線フォーラム

放射線フォーラム

当番世話人
伊藤 高広(奈良県立医科大学 放射線医学教室)
藤山 孝之(京都予防医学センター 集団検診課)

第58回総会において胃X線検診における診療放射線技師を対象とした読影補助認定制度の概要が発表された。本学会認定の胃がん検診専門技師資格を有することを前提に、適切な追加撮影とカテゴリー判定を含む技師レポート提出による読影補助を行うことができる技師に新たに読影補助認定資格を付与するというものである。

この適切な追加撮影とカテゴリー判定は密接な関わりがあり、第58回総会における本フォーラムシンポジウムでは不確実所見を含むカテゴリー3bをいかに少なくできるかを主なテーマとして活発な議論が行われた。

今回のシンポジウムのテーマは「読影補助のエビデンス ― 追加撮影の在り方と重要性」とした。読影補助としての正確なカテゴリー判定に必要な追加撮影の必要性・重要性を様々な観点から検討いただきたい。できれば追加撮影によるカテゴリー判定の精度向上をエビデンスで示していただき、活発な討論を期待したい。

1.シンポジウム「読影補助のエビデンス -追加撮影の在り方と重要性」(公募、一部指定)

司会
伊藤 高広(奈良県立医科大学 放射線医学教室)
藤山 孝之(京都予防医学センター 集団検診課)

2.症例検討会「追加撮影が正確なカテゴリー判定に寄与した症例」(公募、一部指定)

司会
伊藤 高広(奈良県立医科大学 放射線医学教室)
藤山 孝之(京都予防医学センター 集団検診課)