第59回 日本消化器がん検診学会総会

附置研究会

付置研究会1「大腸がん検診精度管理検討研究会」

顧問
斎藤 博、樋渡 信夫
代表世話人
野崎 良一(大腸肛門病センター高野病院 消化器内科)
当番世話人
鈴木 康元(松島病院大腸肛門病センター松島クリニック)
松田 尚久(医療法人昭山会 佐藤医院/USパートナー)

「大腸内視鏡検診の精度管理評価指標」(公募、一部指定)

司会
鈴木 康元(松島病院大腸肛門病センター松島クリニック)
松田 尚久(医療法人昭山会 佐藤医院/USパートナー)

検診実施機関におけるがん検診の精度管理評価指標には「技術・体制指標(受診者への説明・検査の精度管理・検体の取り扱い・システムとしての精度管理)」と「プロセス指標(精検受診率・要精検率・がん発見率・陽性反応的中率など)」があるが、これらは従来の大腸がん検診を対象としており大腸内視鏡検診には適したものとは言えなくなっている。そこで本研究会では、大腸内視鏡検診における新たな精度管理評価指標に関する演題を幅広く募集し、来たる大腸内視鏡検診の導入に向けた議論を行いたい。

付置研究会2「胃がんリスク評価に関する研究会」

顧問
吉原 正治(広島大学保健管理センター)
代表世話人
井上 和彦(淳風会健康管理センター)
当番世話人
岡 政志 (埼玉医科大学総合医療センター消化器肝臓内科)

「   未定    」(公募・一部指定)

司会
岡 政志(埼玉医科大学総合医療センター消化器肝臓内科)

付置研究会3「胃X線検診のための読影判定区分(カテゴリー分類)の運用・評価に関する研究会」

代表世話人
加藤 勝章(宮城県対がん協会がん検診センター)
当番世話人(幹事)
安保 智典(合同会社メディカル・イメージ・コンサルティング)

「読影補助業務標準化に向けたカテゴリー運用法と問題点の検討」(指定)

司会
加藤 勝章(宮城県対がん協会がん検診センター)
安保 智典(合同会社メディカル・イメージ・コンサルティング)

本学会では胃がん検診専門技師による読影補助認定制度を発足させた。読影補助は診断が目的ではなく、診断に有用な情報を提供するための追加撮影と読影医に異常所見への注意を促すためのレポート作成が主な業務である。局所所見の記載は部位・壁在・基本所見・カテゴリーといった簡単な記述が望ましい。今回は指定演者が読影補助制度、その運用とレポート記載方法等の解説を行った上で会場からの質問や討議を受けることにしたい。認定技師認定を目指す諸氏の積極的な参加を希望する。

付置研究会4「対策型胃がん内視鏡検診研究会」

代表世話人
入口 陽介(東京都がん検診センター)
幹事
平川 克哉(福岡赤十字病院 消化器内科)
当番世話人
齋藤 洋子(茨城県メディカルセンター 消化器・内視鏡センター)
辰巳 嘉英(パンソニック健康保険組合 健康管理センター)

「対策型胃内視鏡検診におけるピロリ感染診断の意義と目的」(公募)

司会
齋藤 洋子(茨城県メディカルセンター 消化器・内視鏡センター)
辰巳 嘉英(パンソニック健康保険組合 健康管理センター)

2016年より内視鏡検診が対策型胃がん検診方法として認められた。胃癌の発生にはH.pyloriの持続感染とそれに伴って引き起こされる萎縮・腸上皮化生変化と密接な関係があることが判明していることから、従来のX線胃がん検診の読影基準においても背景粘膜をH.pylori感染胃炎と未感染相当胃粘膜に分けたカテゴリー分類が推奨されるに至っている。内視鏡胃がん検診の場で背景粘膜別にカテゴリー判断を行うことは、胃がんリスク層別化につながり、効率的な胃癌発見を可能にする。一方、除菌治療により将来の胃癌発生のリスクを低減できることが報告され、2013年2月に内視鏡検査により診断されたH.pylori感染活動性胃炎に対する除菌治療が保険収載された。内視鏡検診の多くは個別検診の形で実施されることから、内視鏡検診での診断結果を外来診療に連続させ、H.pylori感染胃炎(現感染)は除菌治療に繋げる考えが出てくるのも自然の流れかもしれない。

 一方、対策型胃内視鏡検診の結果通知は現在の指針では「1胃がんなし」となっている。X線検診において、前回検診「異常なし」から胃癌が発見されることで信頼が揺らいだ経験からは、「1胃がんなし(H.pylori未感染)」、「1‘胃がんなし(H.pylori感染胃炎)」等、背景粘膜別に通知していくことも受診者の信頼構築には有用と思われる。内視鏡的H.pylori感染診断は確立されつつあり、誰にも分かりやすい方法で背景胃粘膜診断が広く普及すれば、H.pylori感染胃炎と密接な関係がある胃がん高リスク者の方への検診受診勧奨や、胃がん発見率の向上にも寄与することが期待される。 高齢者が対象となることが多い地域検診において、「対策型胃内視鏡検診におけるピロリ感染診断の意義と目的」を本附置研究会で議論し、方向付けができればと考えている。多くの演題をお待ちしている。