第59回 日本消化器がん検診学会総会

超音波フォーラム

超音波フォーラム

1. The “Live” 他施設の検査方法を見てみよう!(指定)

司会
西村 重彦(住友病院 外科)
西川 徹 (藤田保健衛生大学病院 臨床検査部)

超音波検診マニュアルが作成され、施設間における判定基準に関しては一定の標準化がすすんでいます。しかし、撮像方法や検査記録画像に関しては、未だ明確とはなっていないのが実状であります。 そこで、今回「The “Live”他施設の検査方法を見てみよう!」を企画いたしました。 講演では各施設の記録画像、ならびにライブによる撮像方法を紹介し、皆様の腹部超音波検査のルーチンの撮像方法にご参考となることを目的とした企画であります。

さらに、講演時には参加者からも講師施設の記録画像に関する意見やその意図ならびに自施設での工夫等に関して広く意見を求めたく思います。 当学会としても今後は記録画像に関する方向付けとなるような“Live”セッションといたしたく思っております。

2. QUIZ session (司会者より出題)

司会
千葉 祐子(北海道労働保健管理協会  臨床検査部)
川端 聡 (住友病院 診療技術部 超音波検査部)
岡庭 信司(飯田市立病院 消化器内科)

腹部超音波検診判定マニュアルのカテゴリーを決定するうえで最も重要なのは,“超音波画像所見”を反映した“検査担当者の画像を読み込む力”である。しかし,“超音波画像所見”の解釈に迷う症例も少なくない。

そこで,今回はオーディエンスレスポンスによる会場参加型のクイズ形式として,提示された画像の“超音波画像所見”の目合わせと解釈につきディスカッションを行いたいと考えている。

3.症例検討(公募)

司会
若杉  聡(千葉西総合病院 消化器内科)
平賀 真雄(医療法人昭山会 佐藤医院/USパートナー)

偽陰性例を見直す。
われわれが日常行っているがん検診では、カテゴリー4,5の症例を追跡して、その診断結果をフィードバックすることが重要である。一方で、カテゴリー0,1,2の症例にどれだけ癌が存在したかをフィードバックすることも重要である。現実には、検診をうけてA~C判定をうけた後に癌が発見された症例(偽陰性癌)の把握を検診施設で行うことは難しい。今回は、このような難しいなかで経験された貴重な偽陰性例を発表していただき、みなさんで討議したい。

4.教育講演

講師
花田 敬士(広島大学医学部臨床教授/JA広島厚生連尾道総合病院
診療部長 内視鏡センター長)
司会
乾 和郎 (藤田医科大学ばんたね病院 消化器内科)

5.マニュアル改訂のポイントと現状報告 (指定)

司会
平井 都始子(奈良県立医科大学附属病院 総合画像診断センター)
小川 眞広(日本大学病院 消化器肝臓内科)
岡庭 信司(飯田市立病院 消化器内科)

2014年4月に日本消化器がん検診学会、日本超音波医学会、日本人間ドック学会が3学会共通で「腹部超音波検診判定マニュアル」を発表してから5年が過ぎた。2019年2月には腹部超音波検診判定マニュアルに関するアンケートを実施し、その結果を受けて、現在「腹部超音波検診判定マニュアルの改訂に関するワーキンググループ」で改訂案を作成中である。実施基準とカテゴリーおよび判定区分についてマニュアル改訂のポイントを報告する予定である。